すのこベッドで快適睡眠「通気性・利便性が優れているベッド」

自分に合うベット選び

多湿の日本に合うベッド

ベッド

人間は、寝ている時にコップ一杯の汗をかくといわれています。
特に日本には梅雨という季節があり、高温多湿な気候です。
そのため、心配なのがカビの発生です。
健康の事を考えると、カビが発生するなど雑菌がある環境で就寝することは避けたい事です。
そんな日本の気候から生まれたのがすのこベッドです。
すのこベッドはベッドフレームがすのこ状になっているため、就寝中にかいた汗や湿気が、すのこの間からベッド下からぬけるので通気性に優れカビにくく、とても快適に利用できます。
この為とても人気のあるベッドですが、快適に利用する為にはすのこベッドについて知っておく必要があります。
それはすのこベッドに使われているすのこ板の材質です。
すのこベッドを購入するのが初めてという人は、まず材質を選ぶ事が重要です。
すのこ板に使用されている材質の多くは4種類ありますので、それぞれの特徴を理解する事が大切です。
その中の一つに桐があります。
桐はとても軽いので女性でも移動や組み立てが容易にできます。
そして熱伝導率が低いので、冬は冷たくなりにくく夏は熱くならない事から断熱効果に優れ、ベッド材には非常に適している木材です。
また湿気に強い為健康的です。
次に檜があります。
檜は湿気や強度が高く、防腐性や虫に強いという性質があります。
またリラックス効果があるヒノキチオールという独特の香りは癒されると人気です。
安価に手に入ると人気があるのが杉です。
杉は、断熱性と湿気を調整する機能に優れています。
最後にパイン材です。
パイン材は主に欧米などで利用されているもので、日本語にすると松と呼ばれています。
特徴は、肌触りの良さを感じる柔らかい事と木の香です。

湿気対策ベット有ります

すのこベッド

お布団の湿気が気になるという方におすすめしたいのが、すのこベッドになります。
こちらはお風呂場の床が滑らないよう敷かれて居ることや、押入れの中でカビが発生しないようにと通気性を良くする為のすのこを使用して作られています。
すのこベッドは板と板の間から湿気を逃がす事により、お布団に湿気が溜まるのを防ぐ事が出来ます。
一口にすのこベッドと言いましても使用されている木材は、桐の物も有れば杉やヒノキ、パイン材などを使用して作られている物もあり、使用されている木材によってその特徴が異なるのも魅力の一つとなっています。
例えば桐はこの中で最も通気性が良いのが魅力となっていますが、杉は成長スピードが速いと言う点から低価格で販売されている場合が多いです。
また、すのこベッドを初めて使用される方は少し硬いと感じる場合があります。
この様な場合はベットパットをすのこベッドの上に置かれますと、快適に気持ちよく使用する事が出来ます。
さらに、すのこベッドは布団の湿気が気になる方だけではなく、夏場の寝苦しさが苦手と言う方にも是非おすすめしたいアイテムになります。
すのこベッドは風通りが良い作りとなっている為、暑い夏に汗をかいて布団が湿気るのを軽減する事が出来るでしょう。
すのこベッドやベットパットはインターネット通販サイトやホームセンター、家具屋さんなど、様々な場所で販売されています。
お店によって価格やデザインなども異なりますので、興味のある方はネットやお店を巡って見てはいかがでしょうか。

特筆すべき通気性

横になる女性

人間が生きていく上に於きまして、睡眠は切っても切り離せない訳ですから、良質な睡眠環境を得る為の寝具の重要性は、言うまでもありません。
すのこベッドは、健康と快眠を得られる寝具として、最近非常に注目度が高まっています。
すのこベッドの、特筆すべきポイントとして挙げられますのは、やはり構造上からも見て取れる通気性の良さになります。
布団や通常タイプのベッドの場合は、湿気も溜まりやすくダニの温床となりやすいと言う問題がネックとなりますが、すのこベッドは優れた通気性によって、湿気とダニの問題をクリアしています。
また、すのこベッドは木の香りや風合いが癒し効果にもなり、快眠をアシストしてくれると言う要素も、見逃せません。
価格帯も用途に応じて幅広く、一人暮らしの若い世代向けには、5000円ほどのリーズナブルな商品も、売れ行きがよいようです。
また、拘りの桐材を使用した軽量且つ耐久性、香りに特化した高級すのこベッドも、人気となっています。
需要に応える形で、省スペース型の折りたたみ式すのこベッドから、ゆったり使えるダブルサイズ、ローベッドタイプや、高さ調整機能付きなど、通常のベッド並みにバリエーションも豊富となっています。
購入する際にも、大手家具チェーン店やホームセンターなどで、気軽に選べますし、インターネットを利用した通販であれば、沢山のラインナップから、予算やサイズなど条件を絞り込んで、簡単に検討可能となっています。

快適な眠りを得るために

枕

すのこベッドにもいろいろな種類や構造があり、費用相場も1万円を切るものから4万円程度のものまであります。評判の高いものはおおむね2万円程度が相場ですが、材質や長持ちする構造のものを選べば、長く使える快適な寝具となるでしょう。

もっと読む

2つの種類を把握する

寝室

すのこベッドは折りたたむ事ができる折りたたみ型、マットレスを使う通常のベッドのようなベッド型、直接床に敷く床置き型などがあります。それぞれ特徴に違いがあるので、初めてすのこベッドを購入するという方は自分に合ったタイプを探しましょう。

もっと読む

夏に最適なベッド選び

すのこ

快適な眠りはベッド選びから始まります。寒さは布団を増やせば解決する事も可能ですが、暑さや湿気となればそうは行きません。すのこベッドを使えば夏場の寝苦しい夜でも、程よく空気が流れるので良質な睡眠を確保できます。

もっと読む