すのこベッドで快適睡眠「通気性・利便性が優れているベッド」

夏に最適なベッド選び

熱気を溜めずにスッキリ

すのこ

日本に暮らす以上、どうしても避けられないのが湿気ですよね。
梅雨時にもなれば、連日の高い気温と湿度の所為で寝苦しい日々が続き、寝たのに余計に疲れるなんて事が起こってしまいがちです。
すのこベッドは通気性が良く、夏場は布団に溜まった体の熱や湿気がしっかり流れるので快適な睡眠を得る事が出来ます。
すのこベッドは家具店でも買えますしホームセンターや通販サイトなど何処でも買えるくらいポピュラーな家具です。
折り畳みが可能なタイプと据え置き型が存在し、生活スタイルによって好みの方を選択できます。
また、普通のベッドに比べて圧倒的な軽さで自分一人でのセッティングも容易に行い易く、模様替えや引っ越しをする時も便利ですね。
一言にすのこベッドと言っても檜や桐、杉など素材によってその特徴は異なります。
耐荷重が80kg程と若干低いのですが、シングル用であればそれほど気にする必要も無いでしょう。
どうしても気になるようでしたら、すのこベットの中でも比較的、丈夫で耐久性の高い、檜や桐のタイプをチョイスすると良いでしょう。
ここで幾つか注意点があり、夏は涼しく快適に過ごせるのですが通気性が良い分、冬場は逆に寒く感じてしまう人もいるようです。
更にベッドの下に湿気が流れ込みやすく、カビが発生する場合があります。
ベッドの下には衣服やちょっとした荷物を置いてしまいがちですが、すのこベッドを使う際はこまめな掃除や換気など工夫が必要になってきます。

湿気対策に効果的

ベッド

寝ている間に人は多くの汗をかくと言われており、季節や個人差はありますがコップ一杯分の汗が眠っている時に出ていると言われています。
毎日、これだけの量の汗をかくという事は、寝具にも汗が染み込んでしまい、湿気が溜まって不衛生な状態になってしまうので注意が必要です。
お布団は簡単に持ち運びができるので、汗を多くかいたら干して湿気対策できますが重いマットレスのベッドだと、干すという事自体が難しくなります。
ベッドにしたいければ寝汗による湿気が気になる・・という方は、木製の「すのこベッド」にかえてみてはいかがでしょう。
すのこベッドは湿気対策に効果があるとして、人気を集めているベッドの種類で文字通り、すのこのようにベッド部分の居たに隙間があるのが特徴です。
一般的なマットレスベッドの場合、床板に隙間がないので睡眠中にかいた汗の逃げ道がなく、寝具などの湿気が酷くなってしまいます。
一方、床板がすのこのように板と板に隙間が開いているすのこベッドは、その隙から湿気が逃げていくので湿気対策に効果的です。
寝ている間に汗をかきやすいという方は、湿気が寝具にこもりにくい「すのこベッド」に変えてみるのも良いでしょう。
また、すのこベッドにどのような種類の木材が使われているか確認する事で、より湿気対策に効果のあるベッドを選べます。
水分が多いと吸って乾燥すると放出するという作用、吸放湿効果を持つヒノキや桐といった木材で作られたすのこベッドは、ベッドの湿気に悩む方におすすめです。

湿気対策でカビ予防

枕

マットレス付きのベッドは寝心地の良さから多くの人が使っていますが、湿気が気になるという人も多いのではないでしょうか。
マットレスは頻繁に干すことも難しいので、カビが繁殖してしまうことも少なくありません。
そこでおすすめなのがすのこベッドの活用です。
すのこベッドなら通気性が良いのでカビが繁殖しづらくなります。
カビは健康にも悪影響なのでなるべく繁殖させない環境をすることが大切ですが、すのこベッドを活用すれば効果を期待することが出来るでしょう。
すのこベッドは家具店やインテリアショップで販売されており、今ではインターネット通販での購入も便利です。
通販なら価格の安い商品が多いので選びやすいのではないでしょうか。
さらに、たくさんの商品を簡単に見比べられるインターネット通販なら理想的な商品を見つけることが出来るでしょう。
すのこベッドを選ぶときにはサイズや価格、素材などに注目して選びます。
すのこベッドで検索すると西洋式のベッドにすのこをはめ込んだタイプと、すのこだけで作られたタイプがヒットします。
楽に寝起きしたい高齢者の方やベッドを据え置きにしたい人はベッドタイプが適しています。
一方、布団は毎日クローゼットなどに仕舞いたい人や低い位置で寝たいなら、すのこだけのタイプがおすすめです。
すのこだけのタイプについては布団干し機能が付いていたり、小さく折りたたんで収納することが可能です。
日本の気候や住宅事情に適しているすのこベッドを活用すれば、毎日心地よく眠りにつくことが出来るでしょう。

快適な眠りを得るために

枕

すのこベッドにもいろいろな種類や構造があり、費用相場も1万円を切るものから4万円程度のものまであります。評判の高いものはおおむね2万円程度が相場ですが、材質や長持ちする構造のものを選べば、長く使える快適な寝具となるでしょう。

もっと読む

2つの種類を把握する

寝室

すのこベッドは折りたたむ事ができる折りたたみ型、マットレスを使う通常のベッドのようなベッド型、直接床に敷く床置き型などがあります。それぞれ特徴に違いがあるので、初めてすのこベッドを購入するという方は自分に合ったタイプを探しましょう。

もっと読む

夏に最適なベッド選び

すのこ

快適な眠りはベッド選びから始まります。寒さは布団を増やせば解決する事も可能ですが、暑さや湿気となればそうは行きません。すのこベッドを使えば夏場の寝苦しい夜でも、程よく空気が流れるので良質な睡眠を確保できます。

もっと読む