すのこベッドで快適睡眠「通気性・利便性が優れているベッド」

2つの種類を把握する

折りたたみとベッド型

寝室

初めて「すのこベッド」を購入するという方の場合、まず折りたたみ型とベッド型の特徴を知っておく必要があります。
通常のベッドのように床板が前面に貼られているのではなく、すのこのように板に隙間がある木製のベッドが「すのこベッド」です。
湿気が板と板の間を抜けて下へと逃げていくので、すのこベッドは湿気が溜まり難くカビ対策になるとして人気となりました。
折りたたみ型はベッドの真ん中から折りたためるようになっており、通常は床に直接布団を敷いて寝る使い方をします。
マットレスを敷く下の部分が、すのこ状になっているのはベッド型で、床板がすのこ状になっている他は一般的なベッドとさほど変わりはありません。
折りたたみ型はマットレスで寝るのが苦手で、布団でないと熟睡できないという方やベッドの下の掃除をしやすい環境にしたい方におすすめです。
ベッドの真ん中から折りたたむ事ができるので、ベッドの下部分の掃除をしやすいのが折りたたみ型すのこベッドのメリットです。
マットレス使用でも大丈夫という方や、ベッドを移動する機会が少ないという方は据え置きとなるベッド型が向いています。
最近はベッドに脚が無く直接床に敷いて使う、床置き型のすのこベッドも増えており省スペースで場所をとらないとして人気のようです。
折りたたみ型・ベッド型・床置き型はベッドを取り扱っている家具屋さんや、インテリアショップ、またインターネット通販でも購入出来ます。

デザインや木材に注目

すのこベッド

かつての日本では畳の上に布団を敷いて寝るのが一般的でした。
しかし、最近はベッドを使っている人が増えています。
寝起きが楽なベッドは高齢者にも選ばれており、欧米化している住宅事情もベッドの普及を後押ししていると言えるのではないでしょうか。
ベッドにはいろいろな種類がありますが、湿度の高い日本ではすのこベッドが人気です。
西洋式のベッドはフレームとマットレスで構成されますが、マットレス部分をすのこにしたのがすのこベッドです。
すのこベッドでは敷き布団を使うのでマットレスに比べて天日干ししやすく、床との空間もあるので通気性の良い環境で睡眠をとることが出来るのです。
すのこベッドを購入する場合は機能やデザイン、価格や使われている木材の種類などに注目して選ぶと良いでしょう。
すのこベッドには脚のないタイプもあるので、低い方が良い人や折りたたんで収納したい人は脚やフレームのないタイプを選びましょう。
木材については湿気を気にするならスギやヒノキ、軽さを重視するならキリ、価格で選ぶならスギを選ぶと安く購入することが出来ます。
デザイン性を重視したいなら加工しやすいパイン材などもおすすめです。
すのこベッドはいろいろなメーカーから様々な商品が販売されているので、使用する部屋の環境などに合ったものを選ぶことが大切です。
また、一緒に使用する布団やマットレスなども工夫することで、より良い睡眠環境を作ることが出来るでしょう。

ベッドが苦手でもOK

横になる女性

寝室は布団を敷いて寝ている、というのが当たり前でしたが、今はベッドで寝ている方が多くなってきています。
若者だけでなく、ファミリー層、ご年配の方も好んでベッドを使用しています。
ベッドですと布団の上げ下げが必要なく腰や膝に負担がかからないこと、布団だと敷きっ放しはできませんが、ベッドなら片付ける必要がありません。
また介護をされている方には介助する側も手を貸しやすいのです。
しかし、ベッドを好まれない方も多くいます。
ベッドが苦手、という方は、スプリングのふわふわした感覚が苦手な場合や、腰が痛くなる方や、畳や床に敷いてどっしりと身体を預けられる感覚が安心する方、通気性が悪く夏は暑くて嫌だ、というように感じています。
畳や床に寝ているような感覚で寝られるベッドもあります。
それはすのこベッドです。
すのこベッドは、普通のベッドと違い、敷いてある天板がすのこ状になっていて、その上に布団を敷いたり、マットレスを敷いたりして使用できます。
すのこベッドには脚があるベッドタイプもあれば、床からあまり高くないほうがいいという方には、床に敷いて使えるすのこベッドもあります。
床に敷くタイプなら、折り畳みができるものもあるので、簡単に片付けられ、来客用としても使用できます。
また通気性も良いので夏も快適に眠ることができます。
家具店では取り扱っているところは少ないため、通販で購入するのがお勧めです。
組み立て式が多いですが、ベッドの枠を組み立てすのこを敷くだけなので、難しくはありません。
女性にも組み立てられます。

快適な眠りを得るために

枕

すのこベッドにもいろいろな種類や構造があり、費用相場も1万円を切るものから4万円程度のものまであります。評判の高いものはおおむね2万円程度が相場ですが、材質や長持ちする構造のものを選べば、長く使える快適な寝具となるでしょう。

もっと読む

2つの種類を把握する

寝室

すのこベッドは折りたたむ事ができる折りたたみ型、マットレスを使う通常のベッドのようなベッド型、直接床に敷く床置き型などがあります。それぞれ特徴に違いがあるので、初めてすのこベッドを購入するという方は自分に合ったタイプを探しましょう。

もっと読む

夏に最適なベッド選び

すのこ

快適な眠りはベッド選びから始まります。寒さは布団を増やせば解決する事も可能ですが、暑さや湿気となればそうは行きません。すのこベッドを使えば夏場の寝苦しい夜でも、程よく空気が流れるので良質な睡眠を確保できます。

もっと読む